【徹底解説】飲食店の自力で出来るゴキブリ対策!駆除から予防まで

kuromaru
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

実際のゴキブリの画像は使用していません

こんな方にオススメ
  • 飲食店や商業施設などでゴキブリ被害に遭っている方
  • チャバネゴキブリが多く出ている
  • ゴキブリの対策を分かりやすく教えて欲しい方

飲食店や商業施設などでゴキブリが出て困っていませんか?

「ゴキブリが出るお店」なんて評判が広まるといいことなんて何もないですよね。

広くて色々な物がおいてあるスペースだからこそ、掃除の手も細部まで自然と行き届きにくくゴキブリにとって暮らしやすい場所になってしまいがち。

男性
男性

掃除は丁寧にやっているはずなのにゴキブリ被害が減らなくて、、、

原因・対策まで分かりやすさを大事にまとめましたので、きっと参考になるはずです!

ゴキブリ被害に遭われている方にとって有意義な内容となっていますので、ぜひ読んでいってください。

▼当サイトのオススメ駆除業者3選▼

※どの業者も調査・見積りは無料で、見積り後の追加請求はありません

オススメ1ダスキンほづみ《ダスキングループの大手の信頼感!》
▶対応エリア:東京都

オススメ2くらしのマーケット《たくさんの業者から口コミを見て比較できる!》
▶対応エリア:全国

オススメ3害虫駆除110番《全国24時間365日対応の充実サービス!》
▶対応エリア:全国

PR

飲食店に出るゴキブリとは?

飲食店/店舗などで出るのはチャバネゴキブリという種類ですが、もともと熱帯で生活している外来の生き物で、江戸時代ころに日本に渡ってきたとされています。

熱帯で生活している生き物なので、外では越冬できずに死んでしまうので、年中温かい飲食店の厨房や工場などを好んで過ごします。

チャバネゴキブリは一般的な家庭でよく見かけるゴキブリに比べて約半分と小さく、羽はついていますが飛べないのが特徴です。

成虫の大きさ10~15mm程度
黄褐色
一度で産む幼虫の数(鞘の中に産む卵の数)30~40個
生息場所全国
よくいる場所飲食店やビル
Q
チャバネゴキブリのイラストを確認したい方はこちらをクリック

パッと見は小さい上に黒っぽくもないので、何かの虫と間違えてゴキブリと気づかない人もいるかもです

しかし、姿や形が変わってもゴキブリには変わりません。

チャバネゴキブリは食中毒などを引き起こす菌を運んでいる可能性がある衛生害虫なのです。

ポリオ(小児マヒ)をはじめ、赤痢、腸チフス、ペスト、食中毒などを伝播することが知られています。また、人の皮膚表面を歩きアレルギー性の皮膚炎を起すこともあります。

引用:日本家庭用殺虫工業会『害虫の種類

もしこれらの菌が原因でお客さんに中毒を起こすようなことがあれば一大事です

チャバネゴキブリの生態

チャバネゴキブリの特徴として屋外の寒い環境下では生きていけないので、冬でも暖房の効いている商業施設の内部や飲食店の厨房を好んで生息しています。

好んで過ごす場所
  • 暗くて狭い人目につかない床や壁
  • 風通しが悪い場所
  • シンク周りなど水が近くにある場所
  • 電化製品のモーター付近
  • 冷蔵庫の裏側の熱源近く
  • 段ボールのすき間
  • 排水溝まわり など

安定して温かい場所・多湿な場所を好んで集団で生息しています

チャバネゴキブリは何でも食べる雑食性で、そんなものもエサになるの?といった具合に何でも食べます。

エサになるもの
  • 食ベカス
  • コンロにはねた油
  • 生ごみ
  • 髪の毛
  • 仲間のフン・死骸 など

何より驚きなのは脅威の生命力です。水一滴でもあれば数週間生きられるほどです

飲食店などで大量発生する理由も納得できてしまいますね。

チャバネゴキブリの侵入経路

チャバネゴキブリが新たに入ってきてしまう大きな原因に、「交差汚染」があります。

今いる店舗にチャバネゴキブリがいなくても、流通経路の中で交差汚染が発生すると侵入されてしまうことがあります。

交差汚染の流れ
  1. すでにチャバネゴキブリが発生している店舗がある
  2. 業者がコンテナや食材、ビールケースおしぼりなどを回収する
  3. 回収したトラックの中で交差汚染が発生し、新しいビールや食材にチャバネゴキブリがついてしまう
  4. 別の店舗へ業者が荷下ろしした際にチャバネゴキブリに侵入されてしまう

自分の店舗はきれいにしてても気づかない間に侵入されてしまっているケースがあります

よく排水溝や換気扇、窓などから侵入すると書かれているネット記事がありますが、それは一般家庭でもよく見るクロゴキブリのことです。

クロゴキブリは単独で広い範囲を行動しますが、チャバネゴキブリは行動範囲が狭いので自ら別の店舗へ侵入することはよっぽど隣接した店舗でもない限り少ないでしょう。

チャバネゴキブリはなぜ増える?

チャバネゴキブリは多湿な梅雨時や夏場に猛繁殖するケースがあります。

なぜ飲食店や商業施設でチャバネゴキブリは繁殖してしまうのでしょうか?

脅威の繁殖力

チャバネゴキブリは非常に繁殖力が高く、1回の出産で30~40個のたくさんの卵を産みます。

卵は卵鞘(らんしょう)という殻に入った状態で産み落とされます。

Q
1つ卵からたくさんゴキブリが生まれるイラスト

生まれたチャバネゴキブリは2か月経てば産卵ができるようになるため、一気に世代交代が進み加速度的に増えていってしまうわけです。

想像するとぞっとしますね

抵抗性ゴキブリの存在

チャバネゴキブリの中には薬剤に抵抗を持つスーパーゴキブリが発生する場合があります。

飲食店やビルなどでは衛生を維持するために定期的に薬剤が散布されます、そこで駆除される個体もいれば、薬剤から逃れて生き残る個体も中にはいます。

そうして生き残った個体が繁殖しては駆除されることを繰り返し、次第に従来の薬剤が効きにくかったり、薬剤を嫌がって逃げ延びやすい個体が繁殖するわけです。

Q
抵抗性ゴキブリのイラスト

たとえ99%を排除しても残った1%が数か月後には100倍になり得ます

従来の薬剤が効きにくく駆除しにくいならば自然と数も増えていってしまいます。

対策と駆除方法

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: --22-1024x576.png

飲食店や商業施設でチャバネゴキブリを減らすために以下の3つが大事です。

  • 掃除・予防:チャバネゴキブリが繁殖しない環境を整える
  • 駆除:チャバネゴキブリの数を減らす

どれかのみだとチャバネゴキブリの被害はなかなか減りません。

繁殖しやすい環境なら駆除しても生き残りがいれば増えますし、予防をしても駆除しないと被害は収まりません。

掃除、予防、駆除のどれも大事になってきます

掃除・予防:チャバネゴキブリが繁殖しない環境を整える

チャバネゴキブリが好みやすい室内の温度や設備の状況はなかなか変えられないですが、生きるために必要なエサや水や与えないこと、住み家をなくすことで繁殖を抑えることができます。

特に水なしの状態だと意外に早死になんです

無造作に積んであるものは片づけ、食材や食べかすをキレイにする

ものがたくさんあればそのすき間がチャバネゴキブリの住み家になり、ゴミや食べかすがあればエサとなってしまいます。整理整頓しつつこまめに清掃してゴミをキレイにしましょう。

段ボールはためずに捨てる

チャバネゴキブリはダンボールが大好きです。卵を産んだり、段ボールのウネウネし波型をしたスキマにひそんでいる可能性があります。

冷蔵庫下などの厨房機器下のゴミをかき出す

厨房機器下のゴミにはエサとなる汚れがたまりやすく、チャバネゴキブリが好む狭くて暗い空間になっている可能性があります。

壁や床の油分はキレイに除去する

チャバネゴキブリは油が好きで、わずかな油汚れにも反応しますので壁や床はキレイにする必要があります。

グリストラップは清掃を欠かさない

グリストラップは油や残飯を下水道に直接流したり、排水管を詰まらせたりしないために必要な装置ですが、害虫の好むもの(水、エサ、油、臭い)が一か所に集まる場所でもあるので定期的な清掃が欠かせません。

コーキング剤ですき間を防ぐ

コーキング剤

乾燥すると白いゴムのような形状になり、お風呂場のタイルの継ぎ目などに使用されています。防水性や気密性を保持するために用いられるペースト状の材料です。

什器同士のすき間や、剥がれかけのコーキング剤のすき間はチャバネゴキブリの格好の潜伏場所です。2~5mmのすき間から侵入してしまうので、しっかり封鎖する必要があります。

駆除:チャバネゴキブリの数を減らす

調査用トラップを設置して発生が多い箇所を調べる

調査用トラップ

ゴキブリホイホイが代表的なゴキブリ捕獲器のことです。

チャバネゴキブリは密集していることが多いのでどんなところに多いのか調べる目的で利用するのがいいでしょう。

調査用トラップの設置場所
  • 湿気が多い場所
  • ものかげやすき間
  • エサになる食べカスが多い場所
  • 段ボールやゴミが多い場所

ベイト剤(毒エサ)で駆除する

ベイト剤

殺虫成分が入った毒エサのことで、ベイト剤を食べたゴキブリが死に、その死骸やフンを食べたゴキブリの連鎖駆除を行うもので、プロも使用します。

家庭で使用するものは市販で足りますが、飲食店・ビルでは業務用のものを使用するのがよいでしょう。

調査用トラップでゴキブリが多かった場所を重点的に使用するのがいいでしょう

ベイト剤の設置個所
  • シンク下
  • 冷蔵庫裏と下
  • 食器棚の奥
  • ガスコンロの奥や下
  • ゴミ箱付近
  • 床と壁の際

チャバネゴキブリの行動範囲は狭いので50cm間隔を目安に設置すると効果が期待できます。

業者の駆除について

自力でできることをここまで紹介してきました。

それでもなかなかチャバネゴキブリの被害がおさまらない、発生原因が分からない場合はプロの力を頼るのがいいでしょう。

日々忙しいなかでチャバネゴキブリと向き合うのは骨が折れますよね

ゴキブリ駆除業者は主に以下の施工をひとつ、またはいくつか組み合わせて効果の高い駆除を実施してくれます。

ベイト剤(毒エサ)を用いた施工

駆除業者のメインの施工になります。市販でも毒エサはありますが、プロの業者との違いは主に以下となります。

ここが違う!
  • 同じベイト剤でも業務用の効果の高いものを使用している
  • チャバネゴキブリを知り尽くした業者なので設置個所と設置量を巧みにコントロールしているので効果が出やすい

基本はベイト剤を設置するだけでもかなりの効果があります

ベイト剤の大きなメリットは効果が数か月に渡り持続するので、今いるチャバネゴキブリのみならず、卵から孵った幼虫や外から侵入したチャバネゴキブリにも効果があることです。

また、薬剤に抵抗性のあるゴキブリにも様々なベイト剤を駆使して効果の高い駆除をしてくれます。

あわせて読みたい
【徹底解説】ベイト剤を使ったゴキブリ駆除のメリットとは?|市販と業者の違いまで丁寧に解説!
【徹底解説】ベイト剤を使ったゴキブリ駆除のメリットとは?|市販と業者の違いまで丁寧に解説!

薬剤散布による施工

ベイト剤のみで駆除しきれない場合は、殺虫剤を薬剤散布する施工が行われる場合もあります。

  • スプレーで壁奥などに局所的に噴霧
  • 特殊機械で空間ごと噴霧

空間噴霧による施工は殺虫剤が充満するため、食器や調理器具などの養生が必要です。

あわせて読みたい
【分かりやすい】ゴキブリ駆除業者の飲食店/店舗の駆除方法を解説!
【分かりやすい】ゴキブリ駆除業者の飲食店/店舗の駆除方法を解説!

侵入防止対策

業者によっては今いるチャバネゴキブリの駆除のほか、新たな侵入の防止を対策してくれる場合もあります。

ゴキブリが侵入するルートを個人で特定するのは難易度が高いので、業者にお任せするのがいいでしょう。

配管が通るカベにできたわずかなすき間などを見極めて穴埋め作業などを実施してくれます

おすすめゴキブリ駆除業者

駆除を業者に依頼したいと思ったときにおすすめできる業者を3つ紹介します。

施工内容や費用から口コミ、メリット・デメリットまで個別の記事で細かくまとめています

ダスキンほづみ(対象地域:東京都)

清掃で知名度のあるダスキンですが、害虫駆除にも力を入れています。

大手の信頼感と駆除効果を期待したい方向けの業者となっています。

業者詳細はこちら
【東京都/飲食店/法人向け】ダスキンほづみのゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判
【東京都/飲食店/法人向け】ダスキンほづみのゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判
施工内容を見てみる!

くらしのマーケット(対象地域:全国)

全国各地の業者の評判や口コミをみながら業者に依頼することができます。

また、通常ゴキブリ駆除は現地調査を行い見積りを提出してから作業日程を決めますが、くらしのマーケットは事前に金額が細かく決められているので、いきなり作業日程から決められるのもメリットです。

業者詳細はこちら
【飲食店・商業施設向け】くらしのマーケットのゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判
【飲食店・商業施設向け】くらしのマーケットのゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判
店舗の近くの業者の口コミを見てみる!

害虫駆除110番(対象地域:全国)

全国対応で現地調査や見積もりは無料です。また、見積もり後にキャンセルする場合でもキャンセル料はかかりません。

コールセンターを設置しており24時間365日対応可能なので、忙しい店舗にとっては時間を気にせず連絡できるのは大きなメリットでしょう。

業者詳細はこちら
【飲食店/法人向け】害虫駆除110番のゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判
【飲食店/法人向け】害虫駆除110番のゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判
無料で見積りをしてみる!
PR
ABOUT ME
kuromaru
kuromaru
管理人
記事URLをコピーしました