【徹底解説】飲食店/店舗でチャバネゴキブリが発生してしまう原因|コスパのいい駆除方法まで

kuromaru
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
こんな方にオススメ
  • 飲食店/店舗でチャバネゴキブリ被害に悩んでいる
  • なぜ増えるか原因が知りたい
  • コスパよく被害を抑える方法を知りたい

飲食店や工場などの施設などでゴキブリが出て困っていませんか?

「あそこはゴキブリが出る」なんて評判が広まるといいことなんて何もないですよね。

ゴキブリがいるという不衛生なイメージが一度ついてしまったり、異物混入なんてことになったら営業継続が困難になりかねない場合もあり得ます。

男性
男性

チャバネゴキブリの被害が収まらなくて、、、

チャバネゴキブリは少し駆除しても繁殖力が高いのですぐに元通りになりがちですよね

チャバネゴキブリの発生原因から駆除方法まで徹底解説していますので、被害に悩んでいる方は必見の情報となっています。

▼当サイトのオススメ駆除業者3選▼

※どの業者も調査・見積りは無料で、見積り後の追加請求はありません

オススメ1ダスキンほづみ《ダスキングループの大手の信頼感!》
▶対応エリア:東京都

オススメ2くらしのマーケット《たくさんの業者から口コミを見て比較できる!》
▶対応エリア:全国

オススメ3害虫駆除110番《全国24時間365日対応の充実サービス!》
▶対応エリア:全国

PR

チャバネゴキブリの特徴

飲食店/店舗などで出るのはチャバネゴキブリという種類ですが、もともと熱帯で生活している外来の生き物で、江戸時代ころに日本に渡ってきたとされています。

熱帯で生活している生き物なので、外では越冬できずに死んでしまうので、年中温かい飲食店の厨房や工場などを好んで過ごします。

チャバネゴキブリは一般的な家庭でよく見かけるゴキブリに比べて約半分と小さく、羽はついていますが飛べないのが特徴です。

成虫の大きさ10~15mm程度
黄褐色
一度で産む幼虫の数(鞘の中に産む卵の数)30~40個
生息場所全国
よくいる場所飲食店やビル
Q
チャバネゴキブリのイラストを確認したい方はこちらをクリック

パッと見は小さい上に黒っぽくもないので、何かの虫と間違えてゴキブリと気づかない人もいるかもです

しかし、姿や形が変わってもゴキブリには変わりません。

チャバネゴキブリは食中毒などを引き起こす菌を運んでいる可能性がある衛生害虫なのです。

ポリオ(小児マヒ)をはじめ、赤痢、腸チフス、ペスト、食中毒などを伝播することが知られています。また、人の皮膚表面を歩きアレルギー性の皮膚炎を起すこともあります。

引用:日本家庭用殺虫工業会『害虫の種類

もしこれらの菌が原因でお客さんに中毒を起こすようなことがあれば一大事です

どうして繁殖してしまうの?

非常に高い繁殖力

チャバネゴキブリは非常に繁殖力が高く、1回の出産で30~40個のたくさんの卵を産みます。

卵は卵鞘(らんしょう)という殻に入った状態で産み落とされます。

Q
1つの卵からたくさんゴキブリが生まれるイラスト

生まれたチャバネゴキブリは2か月もせずに産卵ができるようになるため、一気に世代交代が進み加速度的に増えていってしまうわけです。

特に夏場はチャバネゴキブリは行動が活発になり、一気に繁殖してしまう場合があります。

想像するとぞっとしますね

何でもエサになってしまう雑食性

チャバネゴキブリは何でも食べる雑食性で、そんなものもエサになるの?といった具合に何でも食べます。

エサになるもの
  • 食ベカス
  • コンロにはねた油
  • 生ごみ
  • 髪の毛
  • 仲間のフン・死骸 など

普段はじっとしていますが、店舗の営業が終了し人がいなくなった後にこれらのエサを求めて徘徊しています。

何より驚きなのは脅威の生命力です。水一滴でもあれば数週間生きられるほどです

何でも食べてしまう上に生命力が高いので、しぶとく生き抜いて繁殖してしまいます。

どこから侵入してくる?

チャバネゴキブリが新たに入ってきてしまう大きな原因に、「交差汚染」があります。

今いる店舗にチャバネゴキブリがいなくても、流通経路の中で交差汚染が発生すると侵入されてしまうことがあります。

交差汚染の流れ
  1. すでにチャバネゴキブリが発生している店舗がある
  2. 業者がコンテナや食材、ビールケースおしぼりなどを回収する
  3. 回収したトラックの中で交差汚染が発生し、新しいビールや食材にチャバネゴキブリがついてしまう
  4. 別の店舗へ業者が荷下ろしした際にチャバネゴキブリに侵入されてしまう

自分の店舗はきれいにしてても気づかない間に侵入されてしまっているケースがあります

よく排水溝や換気扇、窓などから侵入すると書かれているネット記事がありますが、それは一般家庭でもよく見るクロゴキブリのことです。

クロゴキブリは単独で広い範囲を行動しますが、チャバネゴキブリは行動範囲が狭いので自ら別の店舗へ侵入することはよっぽど隣接した店舗でもない限り少ないでしょう。

どこに潜んでいることが多い?

チャバネゴキブリは集合フェロモンという仲間を集める臭いを出して、コロニーを作って集団生活をしています。

主に、暗い・狭い・温かい・風通しが悪い場所を好んでひそんでいます。

飲食店には潜むのに適したスポットが無数にあるのです

好んで過ごす場所
  • 暗くて狭い人目につかない床や壁
  • 電化製品のモーター付近
  • 冷蔵庫の裏側の熱源近く
  • 段ボールのすき間
  • 排水溝まわり
  • 什器とカベのすき間
  • 什器下にたまったゴミの中 など

これらは頑張れば見つけることができるかもしれませんが、チャバネゴキブリの恐ろしいところはパッと見ても分からないところにコロニーを作っていることです。

見つけにくい潜んでいる場所
  • 冷蔵庫のモーター室内部
  • 冷蔵庫の扉のパッキンのすき間
  • 壁紙が少し浮いてしまっている部分の内側
  • ホースとカベにできたわずかなすき間
  • 劣化したコーキング剤の割れ目のすき間 など

なんと電話機の内部にコロニーを作っているケースもあるそうです

薬剤の抵抗性を持つチャバネゴキブリって?

チャバネゴキブリの中には薬剤に抵抗を持つスーパーゴキブリが発生する場合があります。

飲食店やビルなどでは衛生を維持するために定期的に薬剤が散布されます、そこで駆除される個体もいれば、薬剤から逃れて生き残る個体も中にはいます。

そうして生き残った個体が繁殖しては駆除されることを繰り返し、次第に従来の薬剤が効きにくかったり、薬剤を嫌って逃げるスーパーゴキブリが育ってしまう訳です。

Q
抵抗性ゴキブリのイラスト

たとえ99%を排除しても残った1%が数か月後には100倍になり得ます

従来の薬剤が効きにくく駆除しにくいならば自然と数も増えていってしまいます。

抵抗性を持つチャバネゴキブリには同じ薬剤を使い続けていても効果が薄いため、抵抗性のない別の薬剤を使って対処する必要があります。

チャバネゴキブリの駆除なら駆除業者に任せるのがいい

市販の駆除グッズでは効果が期待できない

飲食店で「ブラックキャップ」や「ゴキファイター」などの市販の毒エサ(ベイト剤)を用いた方法で対処する方がいますが、一般家庭では効果がありますが飲食店では実は効果は限定的です。

市販の毒エサはあまり効果が出ない
  • 呼び寄せる範囲が狭い
  • コロニーは多数あるのでかなりの数をセットしないと意味がない
  • コロニーを特定するのは個人では難しい

呼び寄せる範囲が狭い

チャバネゴキブリがエサを感知できる範囲は実はせまいです。

毒エサが置いてあっても感知できる範囲にチャバネゴキブリがいなければ効果は出ません。

実は毒エサの成分には遠くから呼び寄せることができる特別なものは入っていません

ブラックキャップの成分
  • 液糖
  • 濃グリセリン
  • 水飴
  • 香料 など

参考:アース製薬『ブラックキャップ12個入り

遠くからでも毒エサを食べにくる可能性は期待できません。

一般家庭での使用であれば、ゴキブリの侵入経路に置いておくことで効果を発揮しますが、飲食店の場合はすでに繁殖して密集しているコロニーの近くに置かないと効果が出ません。

ゴキジェットやゴキブリホイホイなどの駆除グッズもありますが、隠れたコロニーにいるチャバネゴキブリを一掃する効果は期待できません

コロニーは多数あるのでかなりの数をセットしないと意味がない

コロニーは店内のいたるところにあります。

数百か所あるなんてことも全然あり得ます

業者がベイト剤という毒エサを設置する場合、数百か所~千か所程度行います。

そのすべてのコロニーの近くにブラックキャップを置こうとしたら、12個入りのブラックキャップを何箱買っても足りません。

個人対策すると費用が掛かり過ぎてしまいます

コロニーを特定するのは個人では難しい

チャバネゴキブリは人目に付かないところにわずかなところに密集しているので、分かりにくいところにコロニーを作っている場合が多くあります。

ゴキブリを知り尽くしたプロの目線が無いとなかなか見つからない場合があります。

あわせて読みたい
【実はコスパが悪い?】飲食店で市販のチャバネゴキブリ駆除グッズを使うデメリットを解説!
【実はコスパが悪い?】飲食店で市販のチャバネゴキブリ駆除グッズを使うデメリットを解説!

駆除業者を利用するのがコスパがいい

チャバネゴキブリの駆除を個人で対応すると駆除グッズだけで、数万円かかってしまいます。

そしてコロニーをしっかり見極めて対処するのは個人ではなかなか限界がありますので、頑張っても駆除しきれないという結果になりかねません。

個人で手間ひまや費用をかけて対策するより駆除業者に依頼してしまったほうが結局コスパがいいです

費用の相場はおおよそ以下となっていますが、被害状況や駆除作業の内容によって変動してきます。

駆除料金の相場(30平米の場合)
  • 駆除作業のみ(1回):1.5~5万円程度
  • 駆除作業+定期施工(年間):5~15万円程度

以下の記事で詳しく解説しています

あわせて読みたい
【徹底解説】飲食店/店舗でのゴキブリ駆除業者の費用相場|実際の施工料金例も紹介!
【徹底解説】飲食店/店舗でのゴキブリ駆除業者の費用相場|実際の施工料金例も紹介!

プロの駆除業者を利用すれば個人で対策するよりずっと高い効果が期待できます。

  • 市販よりも強力な薬剤で駆除してくれる
  • ゴキブリの居場所を特定し最小の施工で最大の効果を発揮してくれる
  • 短時間で効果が出る

市販よりも強力な薬剤で駆除してくれる

業者が使う薬剤は一般の人が購入できない、専用の駆除効果の高いものを使用します。

具体的には「ベイト工法」や「薬剤噴霧」といった方法がありますが、個人で対策するよりもずっと効果の高い駆除効果が期待できます。

あわせて読みたい
【分かりやすい】ゴキブリ駆除業者の飲食店/店舗の駆除方法を解説!
【分かりやすい】ゴキブリ駆除業者の飲食店/店舗の駆除方法を解説!

ゴキブリの居場所を特定し最小の施工で最大の効果を発揮してくれる

駆除業者はプロの目線でゴキブリが生息している場所を特定します。

ゴキブリが密集している場所に対して最小で最大の効果が発揮できるように駆除を実施するので、個人で試行錯誤して駆除する手間が省けるのは大きなメリットとなります。

短時間で効果が出る

ゴキブリ駆除業者を利用すれば個人で駆除するより短時間で効果が出ます

個人で駆除しようとしても最適な方法にたどり着くまでには時間がどうしてもかかります。

その点、駆除業者は駆除に慣れていて短時間で効果が出る方法を取ってくれますので、被害を早く抑えたい人にとってメリットがあります。

オススメの駆除業者3選

ダスキンほづみ(対象地域:東京都)

清掃で知名度のあるダスキンですが、害虫駆除にも力を入れています。

大手の信頼感と駆除効果を期待したい方にはオススメの業者となっています。

駆除と定期施工を行うプランとなっています

業者詳細はこちら
【東京都/飲食店/法人向け】ダスキンほづみのゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判
【東京都/飲食店/法人向け】ダスキンほづみのゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判
施工内容を見てみる!

くらしのマーケット(対象地域:全国)

全国各地の業者の評判や口コミをみながら業者に依頼することができます。

また、通常ゴキブリ駆除は現地調査を行い見積りを提出してから作業日程を決めますが、くらしのマーケットは事前に金額が細かく決められているので、いきなり作業日程から決められるのもメリットです。

料金設定が事前に分かっているのは他の業者には無いくらしのマーケットならではのメリットです

業者詳細はこちら
【飲食店・商業施設向け】くらしのマーケットのゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判
【飲食店・商業施設向け】くらしのマーケットのゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判
店舗の近くの業者の口コミを見てみる!

害虫駆除110番(対象地域:全国)

全国対応で現地調査や見積もりが無料です。また、見積もり後にキャンセルする場合でもキャンセル料はかかりません。

コールセンターを設置しており24時間365日対応可能なので、忙しい店舗にとっては時間を気にせず連絡できるのは大きなメリットでしょう。

業者を探すのが手間な方は全国対応の害虫駆除110番に依頼するのがオススメです

業者詳細はこちら
【飲食店/法人向け】害虫駆除110番のゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判
【飲食店/法人向け】害虫駆除110番のゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判
無料で見積りをしてみる!
PR
ABOUT ME
kuromaru
kuromaru
管理人
記事URLをコピーしました