【徹底解説】ゴキブリがキッチンに出た!出現理由から駆除・予防方法まで

kuromaru
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

実際のゴキブリの画像は使用していませんので安心してお読みください

ゴキブリが出没する環境の代表格と言えば「キッチン」です。

普段きれいにしているつもりでも気づいたらゴキブリが住み着いていることってありますよね。

女性
女性

キッチン周りは清潔にしているつもりなのに、、、

ゴキブリの生命力と雑食力があれば人の目線で見て清潔でも余裕で暮らしていけてしまいます

キッチンにゴキブリが出る理由から駆除・予防まで幅広く解説していますので、ぜひお役立て下さい。

▼当サイトのオススメ駆除業者3選▼

※どの業者も調査・見積りは無料で、見積り後の追加請求はありません

オススメ1ダスキンほづみ《ダスキングループの大手の信頼感!》
▶対応エリア:東京都

オススメ2くらしのマーケット《たくさんの業者から口コミを見て比較できる!》
▶対応エリア:全国

オススメ3害虫駆除110番《全国24時間365日対応の充実サービス!》
▶対応エリア:全国

PR

なぜキッチンにゴキブリが出やすいの?

ゴキブリをよく見かける場所と言えばキッチンを想像する方は多くいらっしゃると思います。

女性
女性

なんでキッチンってゴキブリが出やすいの?

実はゴキブリにとってキッチンは快適な高級マンションのような環境になりがちです。

ゴキブリがキッチンを好む理由
  • 換気扇や排水管の隙間など侵入ルートが多いため
  • 食べカスや油などゴキブリにとって好物が多いため
  • ゴキブリにとって必須の水分が豊富なため
  • キッチンの中は風通しが悪く人目に付きにくく過ごしやすいため

換気扇や排水管の隙間など侵入ルートが多いため

ゴキブリは外と繋がるわずかな隙間から侵入してこようと思います。

換気扇にフィルターが無くゴキブリが直接侵入しやすい場合は要注意です

料理をするときの匂いが換気扇から外に出ることで、臭いに敏感であるゴキブリを引き寄せやすくなります。

また、キッチンに排水管を通すために開けられる穴と排水管の間には隙間ができることがあります。

そのわずかな隙間からゴキブリが家の中に侵入してきます。

あわせて読みたい
ゴキブリは何mmの隙間があると侵入してしまう?侵入ルートも解説
ゴキブリは何mmの隙間があると侵入してしまう?侵入ルートも解説

食べカスや油などゴキブリにとって好物が多いため

キッチンはマメにきれいにしておかないと、ゴキブリにとって食事だらけの環境になりがちです。

人が寝静まった後にゾロゾロと出てきて、コンロ周りの油などを食べていることがあります。

洗い残しのあるお皿をペロペロされていると思うと恐怖ですよね、、、

キッチンでエサになるもの
  • 食ベカス
  • コンロにはねた油
  • 生ごみ
  • ビール など

何より怖いのはゴキブリは細菌を持ち運ぶ衛生害虫です。

ポリオ(小児マヒ)をはじめ、赤痢、腸チフス、ペスト、食中毒などを伝播することが知られています。また、人の皮膚表面を歩きアレルギー性の皮膚炎を起すこともあります。

引用:日本家庭用殺虫工業会『害虫の種類

食べるものを作るキッチンにおいて最も発生して欲しくない存在と言えるでしょう。

ゴキブリにとって必須の水分が豊富なため

ゴキブリが活きる為に最も大事なのが「水」です。

エサが無くても水だけで数か月生きることができます。

その点キッチンは水が豊富にあります。

シンクの水分を常に拭いている人は少ないので、ゴキブリにとっては大事な生命線になってきます。

キッチンの中は風通しが悪く人目に付きにくく過ごしやすいため

キッチンの引き出しの奥やシンク下の環境は中々人目に触れることもなく、風通しが悪くなりがちです。

ゴキブリにとってそのような環境はとても居心地が良いので、住み着かれてしまう可能性があります。

日中はじっと過ごすのに適していて夜はエサが近くにある環境なのでゴキブリにとってオアシスになってしまう訳です

キッチンに食洗機がある家庭は要注意!

キッチン付近でこれがあったら要注意!と言える家電として「食洗機」があります。

食洗機は食べカスや溜まりやすい上に、水分も十分にあります。

また、モーター付近はゴキブリにとって大好きな熱が溜まりやすい環境になりがちなので、住み家にされやすいのです。

汚れた食器を洗うはずの家電にゴキブリが、、、となりがちです

食洗機はゴキブリにとって理想的な環境なのでご用心ください。

あわせて読みたい
【徹底解説】食洗機にゴキブリが出現!?発生原因から駆除方法まで
【徹底解説】食洗機にゴキブリが出現!?発生原因から駆除方法まで

まずは駆除が先決!

キッチンでゴキブリを見かけたらまず第一に行うべきなのが「駆除」です。

どこから入って来たの?予防するにはどうしたらいいの?とあれこれ不安になると思いますが、まず家にいるゴキブリを駆除することが先決です。

自力で出来るオススメ駆除方法

オススメはベイト剤(毒エサ)を使った駆除方法です。

キッチンの奥そこに潜んだゴキブリはスプレーなどを闇雲に吹きかけてもなかなか駆除できません。

ゴキブリが夜中動く時に近くにベイト剤があると自然と食いついてくれるので、手間をかけず駆除できる可能性があります。

プロもベイト剤を使って駆除することが多いんです

そんなベイト剤には実にたくさんの優れたメリットがあります。

  • ゴキブリを見ないで駆除できる
  • 利用者側の手間がかからない
  • 駆除効果が持続する
  • 卵から孵った幼虫にも効果がある
  • ペットやこどもへの負荷が少ない

ただし、ペットやこどもが誤食してしまうと体調を崩すなど思わぬトラブルが起こる可能性がありますので、注意書きや使用方法を良く読んで使用すべきです。

あわせて読みたい
【徹底解説】ベイト剤を使ったゴキブリ駆除のメリットとは?|市販と業者の違いまで丁寧に解説!
【徹底解説】ベイト剤を使ったゴキブリ駆除のメリットとは?|市販と業者の違いまで丁寧に解説!

ベイト剤のオススメと言えば「ブラックキャップ」です。

高い連鎖駆除効果が期待でき、ゴキブリを見ずに一掃できる可能性があります。

このタイプのゴキブリが出たら駆除必須!

もしもキッチンに出たゴキブリが「チャバネゴキブリ」という種類だったとしたら、注意が必要です。

駆除が難しい上、高い繁殖力があるのですぐ駆除しないとすぐに繁殖されてしまう可能性があります。

茶色っぽくて小さい虫ならチャバネゴキブリの可能性があります

成虫の大きさ10~15mm程度
黄褐色
一度で産む幼虫の数(鞘の中に産む卵の数)30~40個
生息場所全国
特徴飛ぶことができない
よくいる場所飲食店や工場
Q
チャバネゴキブリのイラストを確認したい方はこちらをクリック

チャバネゴキブリの恐ろしさは何といってもその繁殖力です、あっという間に増えてしまいます。

ゴキブリは1匹いれば100匹いるというのはチャバネゴキブリが元凶と言ってもいいでしょう

本来は年中温かい飲食店や工場などで繁殖することで知られていますが、一般家庭でも近年繁殖するケースが増えています。

あわせて読みたい
【徹底解説】家にチャバネゴキブリが一匹だけ出た!?どうしたらいいの?
【徹底解説】家にチャバネゴキブリが一匹だけ出た!?どうしたらいいの?

自力で駆除できない場合はプロに一掃してもらうのがオススメ

プロの業者はゴキブリを知り尽くしています。

個人だと見つけるのがなかなか難しいゴキブリを短時間で見つけ出して駆除してくれます。

業者もベイト剤(毒エサ)を用いて駆除しますが、ゴキブリが食くつきやすい味にしたり設置する箇所と量を工夫して、最大の効果が出るように施工してくれます。

居場所をプロの目線で特定し最大の効果が出る方法を選んで駆除してくれるので効果が上がりやすいのです

オススメ駆除業者3選

ダスキンほづみ(対象地域:東京都)

清掃で知名度のあるダスキンですが、害虫駆除にも力を入れています。

大手の信頼感と積み上げてきた実績があるので、優良業者を選びたい人にとっては候補にぜひ入れたい業者となっています。

業者詳細はこちら
【東京都&家庭向け】ダスキンほづみのゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判について
【東京都&家庭向け】ダスキンほづみのゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判について
施工内容を見てみる!

くらしのマーケット(対象地域:全国)

全国各地の業者の評判や口コミをみながら業者に依頼することができます。

また、くらしのマーケットは事前に追加料金も含めて料金体系が細かく決められている・作業内容も明確に記載ありますので、事前によく比較検討して依頼することができます。

業者詳細はこちら
【全国対応】くらしのマーケットのゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判について
【全国対応】くらしのマーケットのゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判について
家の近くの業者の口コミを見てみる!

害虫駆除110番(対象地域:全国)

全国対応で現地調査や見積もりは無料です。また、見積もり後にキャンセルする場合でもキャンセル料はかかりません。

地域の業者をなかなか見つけられない、でもしっかりした業者に依頼したい人には全国対応の中でもオススメの業者です。

業者詳細はこちら
【全国24時間365日対応】害虫駆除110番のゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判
【全国24時間365日対応】害虫駆除110番のゴキブリ駆除サービスとは?|口コミと評判
無料で見積りをしてみる!

侵入経路を特定して入ってこれないようにする!

ゴキブリに簡単に侵入出来てしまう構造なら駆除をしたとしても安心できません。

ゴキブリはほんのわずかな隙間からも侵入することができてしまいます。

代表的な侵入ルートを紹介しますので、入ってこれる状態になっていないかチェックしてみてください。

代表的な侵入ルートの例

侵入経路の例
  • 玄関のドア
  • 網戸の時に窓との間にできる隙間
  • 排水管をカベに通す時にできた隙間
  • フィルターや防虫網のついていない換気扇や通気口
  • ブレーカー周りの隙間

玄関のドア

ドアの隙間に潜んで過ごしている場合があり、ドアの開閉時のタイミングにスッと入ってきてしまう場合があります。

また、郵便の投函口がセットになっているドアの場合、そこから侵入を許してしまうケースもあります。

網戸の時に窓との間にできる隙間

網戸があれば虫の侵入を防げると思いがちですが、ゴキブリへの効果は低いと言えるでしょう。

飛翔する蛾などの虫には効果が期待できますが、地面を張って移動するゴキブリにはあまり効果が期待できません。

サッシの隙間や窓と網戸の間にできる隙間から侵入されるケースがあります。

網戸を横から見ると結構な隙間ができてしまっています

排水管をカベに通す時にできた隙間

排水管は外と内を通すように管が通っています。

管を通すためにはカベに穴が必要ですが、管の大きさピッタリではなく隙間ができてしまうこともしばしば。

もし、その隙間をゴキブリが通ることができてしまえば室内への侵入を許してしまいます。

具体的にはシンクや洗面所の下の空間が挙げられます

フィルターや防虫網のついていない換気扇や通気口

換気扇や通気口は外と内をつなぐ構造になっています。

フィルターや防虫網がついていないタイプを使用しているとゴキブリにとっては格好の侵入経路になってしまいます。

換気系の装置はゴキブリを引き寄せる匂いを家の外に排出してしまうので要注意です

ブレーカー周りの隙間

ブレーカーも配線を行っている関係上、外と通じているのでゴキブリの侵入経路となりやすいです。

またブレーカーは帯電している為、温かくなりがちでゴキブリにとっては過ごしやすい環境になりがちなのです。

盲点になりがちですが、意外と侵入を許しやすいスポットです。

防止作業なら駆除業者の利用がオススメ

防止作業は侵入ルートを特定して、そこを物理的にふさぐ必要があるなど、なかなかハードルが高い作業と言えます。

防止作業の例
  • 侵入ルートを物理的にふさぐ
  • 家の周辺やゴキブリの出入り口に薬剤処理を行う

物理的にふさぐ場合はパテなどで隙間を埋めたりします

出典元:MY HOME Magazine『クロゴキブリ・チャバネゴキブリの害とは?自宅のゴキブリ対策と駆除方法をプロが解説

ゴキブリ駆除業者に頼むと駆除と予防をセットで行ってくれたり、予防のみ行ってくれる場合もあります。

以下で詳しく解説していますので、参照してみてください。

あわせて読みたい
【徹底解説】ゴキブリの侵入防止!駆除業者は何してくれるの?作業内容から相場まで解説!
【徹底解説】ゴキブリの侵入防止!駆除業者は何してくれるの?作業内容から相場まで解説!

日頃からできる対策

ゴキブリのエサになるものを置かない

キッチンはゴキブリにとってエサの宝庫です。

ゴキブリのエサになる生ゴミや皿についた汚れをこまめにきれいにすることが大事です。

こまめにきれいにするものリスト
  • 三角コーナーのゴミ
  • 排水口のゴミ受けに溜まるゴミ
  • 皿についた油、食べカス
  • 缶やペットボトルの飲み残し
  • コンロ周りにはねている油

定期的に清掃してゴキブリにとってエサが少なくなる環境を維持することがゴキブリ被害を抑えることにつながります。

ゴキブリが特に好きな食べ物は以下で解説していますので気になる方は参考にしてみてください

あわせて読みたい
【徹底解説】ゴキブリが好きなもの苦手なもの!|すぐにできる予防や対策方法を紹介
【徹底解説】ゴキブリが好きなもの苦手なもの!|すぐにできる予防や対策方法を紹介

水分をこまめに拭く

ゴキブリにとって生命線となる「」。

シンクや食器の乾燥ラックやマットなど、長時間濡れている環境になっていればこまめに乾燥させることを意識してみることが大事です。

水分をゴキブリに与えない状態が続けばゴキブリを駆除することができます

完全に水分をなくすことは難しいと思いますが、少しでも水を与えない環境づくりをすることをオススメします。

まとめ

キッチンはゴキブリにとって住みやすい条件がそろった高級ホテルのような空間です。

駆除や防止を通じて、ゴキブリが苦手とする環境にしていくことでゴキブリ被害を減らすことができます。

この記事を参考にしていただき、取り組みやすい対策をしていただければと思います。

PR
ABOUT ME
kuromaru
kuromaru
管理人
記事URLをコピーしました